資格の変化

介護業界で注目されている資格として介護職員初任者研修というものが最近登場し、今後はその資格を持っている人が現場で活躍してくると言われています。 そして、それヘルパー資格から、この介護職員初任者研修へと移行したという歴史があります。 従来であれば、これと同等の資格としてはヘルパー2級資格があり、介護関係の職場で働きたい方はまず、そのヘルパー2級資格を取得しなければなりませんでした。 しかし、ヘルパー2級制度が廃止され、それに代わったのがこの介護職員初任者研修です。 内容はそれほど代わり映えはしないものの、資格試験制度が若干変更になりました。特に大きな変更点としては、筆記試験が加わったことと言われており、ただ講座を受講するだけで誰もが取得できる資格ではなくなりました。

そして今後の動向予測は、介護の現場では従来のヘルパー2級資格を持つ人と、この介護職員初任者研修を修了した人が介護士として活躍してくると予測されます。 介護職員初任者研修を修了した人であれば、施設介護を行う事が可能になり、特別養護老人ホームといった介護施設で、高齢者の食事の介助を行ったり、入浴の介助をしたりと身体介助が出来ます。 また、この介護職員初任者研修はスキルアップが出来る資格であり、そのような施設介護の経験を数年重ねると、次は実務者研修を受けられます。 介護職員初任者研修の次は実務者研修を受け、その次はケアマネージャーという風に上級の資格取得が経験などによって出来ますので、これからは介護職員初任者研修を受講される方は多くなっていくでしょう。